妊娠して間もない頃は気にならなかったのに、妊娠後期頃にいきなり妊娠線が目立ってきて、後悔しているという人も多いのではないでしょうか。

妊娠線は、ケアしたほうがいいと思っていても、お腹がおおきくなってきたり、つわりの影響もあって、なかなかスキンケアまで手が回らないうちにできてしまうというパターンも多いですよね。
ninsinsen

でも、妊娠線ができてしまったから、もう諦めるしかないと思っていませんか?

妊娠線が出来てしまっても、早めのケアで元の状態に近いくらい目立たなくすることは十分可能なんです。

そこで、妊娠線の消し方と、妊娠線クリームの選び方をご紹介したいと思います。

妊娠線(肉割れ)はどうしてできるの?

まず、妊娠線はどうしてできるのか、そこからお話していきましょう。

そもそも妊娠線は、肉割れの一種で、妊娠しているときにできるから妊娠線と呼んでいるだけですよね。

肉割れ(妊娠線)ができる原因は、皮膚の急激な伸びです。

急な体重変化(つまり太ること)や赤ちゃんができて子宮が大きくなることで、お腹周りの皮膚が伸びようとするために起こります。

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織で構成されていますが、表皮は多少は伸びることができるんです。

しかし、その下の真皮や皮下組織は一緒に伸びることができません。

そのため、断裂し、肉割れ妊娠線ができてしまうのです。

また、特に妊娠中は妊娠を維持するために女性ホルモンのバランスが変化します。

そのため、肌のターンオーバーが遅れがちになり、その影響もあって、断裂の修復もできないまま経過して、妊娠線ができてしまうんです。

では、妊娠線をケアするにはどうすればいいのか?というと、ずばり、肌のターンオーバーを促進してあげることです。

肌のターンオーバーを促進し、ダメージを受けた肌細胞を生まれ変わらせることで断裂を修復することができます。

そして肌のターンオーバーを促進するには保湿ケアとホルモンバランスを整える働きのある成分を使うのがおすすめです。

妊娠線クリームの徹底比較

それでは、これを踏まえて、今現在人気の妊娠線クリームのどれが良いのか、徹底比較してみたいと思います。

今回比較するのは、次の2種類の妊娠線クリームです。

・ベルタマザークリーム

・ノコア

ベルタマザークリーム

まず、ベルタマザークリームから特徴をご紹介していきましょう。

ベルタマザークリーム(旧ベルタ妊娠線クリーム)は、コラーゲンやヒアルロン酸などの肌の弾力や潤いを与える成分をしっかり定着させる「シラノール誘導体」が配合されているのが特徴。

どれだけ保湿成分などが配合されていても、肌に定着しないと意味がありませんから、妊娠線ケアにはかなり重要な成分といえます。

そのほか、ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタといった美容におなじみの成分と、抗酸化作用のあるコエンザイム、ヘスペリジン、肌にハリや潤いを与えるカニナバラ果実エキス、肌のくすみを改善するセイヨウサンザシ果実エキスなどの植物由来エキスが配合されています。

だから、ベルタマザークリームは、とにかく妊娠線(肉割れ)をメインに改善したいという方におすすめ。
レビュー→ベルタマザークリームで妊娠線が予防できる理由
詳しくは公式サイト↓
ベルタマザークリーム

ノコア(NOCOR)

次にノコア(NOCOR)ですが、ノコアは妊娠線、肉割れだけではなく、セルライトの改善がでいたり、妊娠線で黒ずんでしまって色素沈着が出来ている人などにおすすめのクリームになっています。

妊娠線(肉割れ)以外にも妊娠線でできたシミや色素沈着、くすみを改善したい人や下半身のセルライトもケアしてスッキリしたいという人にもおすすめです。
レビュー→ノコア(NOCOR)で妊娠線や肉割れを改善できる理由

↓↓ノコア公式サイト
 【妊娠線クリーム】NOCOR


いかがでしたか?

今回は比較してあれこれと評価してみましたが、自分の肌質にあうか、使用感が好みかどうかなども、妊娠線ケアを成功させるコツです。

成分面だけを捉えるのではなく、長く続けられるものを選ぶことのほうが大事だからです。

だから、はじめはコストがかかりますが、ずっと続けていくなら、できるだけいろいろ試してみて自分にあったものを選ぶのが一番おすすめですよ。