ベルタマザークリーム(旧ベルタ妊娠線クリーム)は、妊娠中だけ使うの?

妊娠線ってご存知ですか?

女性は妊娠するとお腹が急激に大きくなりますよね。
さらに体重が増加しやすくなり、脂肪を蓄えやすい体質へと変化するので、太ももや二の腕などの柔らかい部分に急激に脂肪をつけてしまうことも少なくありません。

このように、急激にお腹が大きくなったりして皮膚の伸縮が追いつかなくなると、妊娠線というくっきりとした線を皮膚に残す結果になるのです。

ところが、妊娠線は誰にでも起こるわけではありません。
しっかりと適切なケアをしていれば未然に防ぐことができるのです。

ベルタマザークリームは、妊娠線の予防をしっかりとしてつくらせない効果と、産後の引き締めやたるみ解消にも効果を発揮しますので、産後もしっかりと使用することをオススメします。

出産経験がある方はご存知だと思いますが、あれだけ風船のように膨らんだお腹は、出産後に数日間で急激に元に戻っていきます。
しかし、一度膨らんだお腹の皮膚は元に戻ったときになくなることはなく、たるみとしてお腹に残ってしまうため、おへその周りにシワのようなものができている方も多くいます。

この産後のたるみを引き締めてくれる効果がベルタ妊娠線クリームにはあるため、妊娠中の妊娠線予防だけではなく、産後にも同じように使用することで、1年後の自分が確実に変化します。
ベルタマザークリームで妊娠線が予防できる理由

出産前も出産後も、ベルタマザークリームでいつまでも美しいボディーを手に入れてくださいね。

 

公式サイト↓
ベルタマザークリームで妊娠線や肉割れを予防して潤い肌へ

beltaninsinsen

*関連記事*
ベルタ妊娠線クリームとノコア(NOCOR)の比較