お尻の妊娠線(肉割れ)が酷い!どうすればいい?

出産経験のある多くの女性が悩まされている妊娠線。
妊娠線は急激に皮膚が伸びることにより引き起こされる肉割れとなっており、子供を産んだ後も永久的に体に残されてしまう場合があります。

私も今から15年前に娘を出産しましたが、その時に急激に体重が増えてしまい、胸の下に大きな妊娠線を作ってしまいました。

今でも乳がん検診などの人に見せる機会があるときはとても恥ずかしく、さらに周りの人の妊娠線を確認したことがないため、自分はものすごくひどいのではないかと落ち込んだ時期もありました。

妊娠線は作らせないことが本当は1番重要です。

妊娠中に専用の保湿クリームなどを用いて妊娠線予防を行いますが、これをしっかりと行ってさらに体重管理ができていれば妊娠線は発生するリスクを最大限まで下げることができます。

しかし、専用の保湿クリームを使っていなかったり、私のように急激に体重が増加してしまうと、妊娠線が発生するリスクが急激に高まるため、後にとても苦しむようになります。

私は今でもうっすらと妊娠線が残っていることから、温泉なども堂々と歩くことができません。
しかし、もしもあなたがまだ日が浅い妊娠線で悩んでいるのなら、改善する方法があるかもしれません。

妊娠線を改善するのに1番大切なのは保湿を行うことです。
肌の潤いを保つことにより柔軟性を与えることができるため、これ以上妊娠線を悪化させないためにも必ず保湿を行うように心がけて下さい。

そして次に大切なのは、妊娠線予防クリームではなく妊娠線を改善するアイテムを活用しながら利用していくことです。

世の中には数多くの妊娠線予防クリームが販売されています。
しかし、実際に発生してしまった妊娠線に対して効果を発揮してくれる商品は少ないのですが、探してみると案外見つけることが簡単にできます。

このような商品には妊娠線を改善するのに効果的な有効成分がしっかりと含まれているため、毎日継続して続けていくことにより少しずつ妊娠線を薄くすることが可能です。

正直言って、私は妊娠線を完全に消す事は無理だと思っています。

しかし、他人から見てもわからない程度まで改善する事はきっとできます。
もちろんすぐに改善するのは難しいため、根気よくしっかりと保湿ケアを行って行かないといけません。

さらにお尻等の血行が悪くなる部分は、しっかりと湯船などで温めてあげて、血行不良をなるべく作らないようにしてください。

・温める。
・保湿する。
・有効成分を活用する。

この3つを毎日しっかりと守っていくことにより、あなたの妊娠線は劇的に改善されてくるはずです。

妊娠線は発生してから時間との勝負になるので、何十年も放置してしまう前に、早め早めにケアを始めてみて下さい。

特に20代から30代の弾力があるうちは妊娠線を改善しやすい傾向があるので、諦めずに毎日きちんと続けてくださいね。

◆妊娠線(肉割れ)をケアするクリームで人気なのがノコアです。
ノコア(NOCOR)で妊娠線や肉割れを改善できる理由

私も使ってみたら、お尻の肉割れが薄くなりました。
気に入っています。

↓↓ノコア公式サイト
 【妊娠線クリーム】NOCOR

us